What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから

 ** 片付けを手伝ってくれる方へ **

マイクはホルダーごとスタンドから外す。

マイクごとにホルダーの形状が違うので、マイクをホルダーごとセットでスタンドから外して下さい。変換ネジもホルダーと一緒。ホルダーごとマイク袋に収めて下さい。
マイクごとにホルダーの形状が違うので、マイクをホルダーごとセットでスタンドから外して下さい。変換ネジもホルダーと一緒。ホルダーごとマイク袋に収めて下さい。
各メーカーのマイク袋にホルダーごと収める。AUDIX Dシリーズはケースの中へ(ホルダーも)。ベリンガーXMも袋が無いのでケースの中へ。
各メーカーのマイク袋にホルダーごと収める。AUDIX Dシリーズはケースの中へ(ホルダーも)。ベリンガーXMも袋が無いのでケースの中へ。

マイクケーブルの逆相巻き。

(次使う時こんがらがらずに使いやすい。)

①左手でケーブルの端を持つ。
①左手でケーブルの端を持つ。
②時計周りに1週、順(ふつう)に巻く。50cmピッチぐらい。
②時計周りに1週、順(ふつう)に巻く。50cmピッチぐらい。
③ 2週目は時計周りかつ、交差が内側へ入るよう、右手の指で反時計によじりながら逆に巻く。
③ 2週目は時計周りかつ、交差が内側へ入るよう、右手の指で反時計によじりながら逆に巻く。
④ 順巻きと逆巻き(②と③)を繰り返し巻く。
④ 順巻きと逆巻き(②と③)を繰り返し巻く。
⑤ 巻いたらキャノンの両端をケーブルの輪の外側からつなぐ。
⑤ 巻いたらキャノンの両端をケーブルの輪の外側からつなぐ。
⑥ マジックテープで結束する。
⑥ マジックテープで結束する。

機材を大切に。

機材には真空管を使ったものや、改造を加えたもの、もうパーツの無い中古機材などがあります。取り扱いにご注意下さい。